2013/06/29

カメラアップデートについて。

いまレギュラーで使っているのは、

  • Macbook pro(母艦)写真ソフト:Aperture-icloud
  • iPad mini(タブレット)ios6
  • Optimus Vu(スマホ)Android4.0
  • sh004(ガラケー)
  • Sony NEX-07(ミラーレス一眼)




だが、写真の管理が非常に中途半端になってしまっている。
ミラーレス一眼はメモリーカードを母艦に差し込んで、手動でインポート。
iCloudにてサクッとフォトストリームから共有できるのには助かっている。
問題は、ガラケーとAndroidの共有化だ。

ガラケーに関しては、もはや完全にスタンドアロンと考えたほうがよい。
というより、
メール以外のデータ通信で1パケットも使うつもりはない。
そのためにガラケーにしたワケである。
だまってmicroSDカードを何度も床に落としながらも、アダプターに差し込み、母艦へ入れるしかない。

残るはAndroid。
今のところdropbox「カメラアップデート」から自動アップデートしており、
それをなんとかしてiCloudに入れ込めないものかと。

google先生にお問い合わせする。
やっぱり同じことを考えていて、教えてくださるブログを見つけた。
インターネットってすごい。
いずれにせよ一旦、dropboxから母艦にアップロードする必要があるらしい。
母艦のAutomatorを使ってdropboxの「カメラアップデート」のフォルダを、自動的にiPhotoライブラリへというやり方。

私の場合ここで些細ではあるが、厄介なことがおこってしまう。

今まで、iPhone,iPad,iPad miniと次から次にapple製品を乗り換えてきた。
しかもdropboxのカメラアップデートを言わば写真のバックアップとして使ってきた。
すでにフォルダのなかには結構な量の写真ファイルが保存されている。
これをもう一度、Automator君に任せてiPhotoライブラリに入れ込んでしまうと、
同じ写真がどんどんインポートされてしまうことになる。

まあ、一度入れてみてから、iPhotoで重複する写真の削除をすればよいのだが。
なんだか厄介だな~と。

どうにかしてこれを防ぐために考えたことは2つ。

  1. 現在dropbox「カメラアップデート」内の写真ファイルをすべて削除。→1から出直す。
  2. dropboxをAutomatorに任せるのではなく、ほかのクラウドサービスを試す。たとえばgoogle+とか。

うまくいくだろうか……。



コメントを投稿