2014/07/12

「ハマトラ!」の件。



こんにちは!hi_liteeこと宮澤でございます。
横浜に来ております。
久しぶりに横浜に来て気づいてしまいました。
横浜の女性って本当にお洒落で美しいですね!
と言うわけで、
何でこんなに美しいのか?
を私なりにまとめてみたいと思います。





何を隠そうわたしの母方の家系はどうやらいまNHKで放映中の朝のテレビ小説
『花子とアン』の花子と遠縁に当たるらしく、
東神奈川に直系の本家があるそうなのです。
というのはあまり関係ないかもしれませんが、
母親は若い頃、それはそれは
横浜トラディショナル
というファッションの潮流に傾倒したようです。
確かに母親の昔の写真を見ると、
タータンチェックの巻きスカートに紺のブレザーみたいなのが沢山みられます。

アイビーとも少し違う。
横浜トラッド。
これを当時は
『ハマトラ』
と呼んだらしいですね。


現代美術用語辞典
『起源はアイビー・スタイルにあり、神戸で発生したスタイルを『an・an』が取り上げ、『JJ』によって定着したといわれている。反ジーンズを旗印とし、シャツと膝下丈のタイトスカートの組み合わせが代表的なコーディネートであった。』

an・anやJJって母親の時代からあったんだなー。
やっぱり神戸のスタイルが分派して独自のトラッドを形成したんですね。


NEWYORKER MAGAZINE
『トラディショナルという言葉は日本では「トラッド」とも言われますが、「トラッド」は和製英語。もともとトラディショナル=伝統的という、流行に左右されない伝統的・保守的なスタイルを「トラディショナル・クロージング」と呼んでいたところから派生しています。』
 http://www.newyorker.co.jp/magazine/sp/history/01/ 


始めて知りましたが『トラッド』って和製英語だったんですね!
それにしても写真を見るにとてもかわいいですよねー。
全く古びていないどころか、むしろとても新しく感じます。
新しいのに保守的で、だからと言って遊び心をわすれていない。
デートの時に女性がこんな格好をして現れたら、もうコロッと、簡単にオチてしまうだろうなと。
思うのは、私だけではないでしょう!
女子の皆さん!
これ意外と要チェックだと思いますよ!
今日横浜に来て、女性たちの春夏の装いを目の当たりにしました。
背景にいつも横浜トラディショナルがあるからとてもかわいいと思ったんだとわかりました。
洒脱でコンサバティヴなんだけども、少しどこか隙がある。
決して下品になるわけではなく、
だからといって色気を増幅している。

横浜ってホントにいいとこですね!
コメントを投稿