2014/07/10

Appleをこよなく愛していたのに気づいたらNexusだらけになった、たった3つの理由の件。

Appleを愛しています。

今でもやっぱりAppleはすごい。カッチョイイと思っています。

でもわたし気づいちゃったんです。
最近Apple製品に指一本触れていない日々が続いていることを!


そもそも私のApple愛はiMac G3の時代に育まれました。
当時高等学校生だった私。
テレビブラウン管に映し出されるAppleのCM。



ポップな色彩とエロチックな曲線美を持つiMac G3に釘付けになりました。
流れていたのはローリングストーンズの『She's a Rainbow』
それ以来Macを女性と認識いたしました

そして最後に映し出される。

Think diffarent.

自分がパソコンを持てるようになったら絶対Macだ。と心に誓いました。



一目惚れです
おかぼのべたぼ(岡惚れのベタ惚れ)

ってやつです。
ええ。
愛です。
愛macです!
うわーっ!!(泣)



取り乱しました。失礼いたしました。
何年間もAppleに時間とお金を費やした私が何故Nexusに囲まれた生活になっているのか。
理由を列挙しながら気持の整理をしたいとおもいます。





スマホはもちろんiPhone、タブレットはもちろんiPad。
ノートブックはMacbook pro。
「がっちり系のマカー」だったわたしが、なぜ、
スマホはNexus5、タブレットはNexus7、
ノートブックはMacbook proのbootcampでWindows8.1。
になってしまったのか。


理由は3つ。
  1. 自由
  2. 価格
  3. みんな持っているから


1、自由

正直言ってapple製品って自由がききませんよね。
ちょっとホーム画面のアプリとアプリの間に空間が欲しい。
アプリの配置を8×6に変えたい。
ワンタッチでメール作成画面を開くウィジェットを置きたい。
なんてことは決して許して貰えない。
細かい融通が効かない。

Android端末なら、ものの何秒かで出来る設定を実現にするためには、
脱獄」というハッキングに近いことをしなければならない
考えてみればこれはとても不自然なことです。
道具を使い易い形に作り替える自由がない。
他の機種よりも割高なのに、使う側の都合でカスタムできない。
apple流にいちいちカッチョよさを感じているはじめのうちはいい。
でも、だんだん窮屈に思えて来てしまったわけです。


2、価格

高いです。
他の追随を許さないほど高い。
MacOSやiOSの完成度が最近はとても高いので、低スペックでも快適に使いこなすことが出来てはいますが、
他のスマホ機種がオクタコア!と言っているなか、
iPhoneの最新機種はいまだにデュアルコアですからね。
まあCPUの性能が高いからといってイコール、快適さに直結していないわけではありますが。

アップルの製品が、細かい仕様変更やカスタマイズを可能にする幅の広さを削ぎ落して、
決まり切った動作を決まり切ったスピードで行うことに重点を置いているからこそ、
低スペックのモノを高い価格で売り飛ばすことに成功しているわけでしょう。
アップルはシンプルでわかりやすい。
でもユーザの細かい欲求には一切耳をかしませんけどね。というわけ。

カッコいいブランドイメージとシンプルさ。
「この魔法のような」演出で、なにか基本的なことが置き去りにされているように思うのです。
パーツ一つ一つの性能が劣っていても、寄せ集めてリンゴマークを張ればたちまち売値が高騰する。
これってかなり「踊らされている」気がしませんか?

SIMロックのことにも触れないわけにはいきません。
これだけSIMフリー機種が一般化している流れにおいて、アップルは頑ななまでにSIMロックを手放そうとしない。
一応もうしわけ程度に、アップル公式ページからSIMフリーのiPhoneやiPadが購入出来るようにはなっております。
が、本当に驚きの価格ですよ。ええ。高い方に。

iPhone5s 32GBモデル(SIMフリー)は2014年7月10日現在で77,800円(税別)
http://store.apple.com/jp/iphone/family/iphone/compare

に対しわたしが愛用している

Nexus5 32GBモデル(SIMフリー)は同じく7月10日現在で46,080円(税別)
http://www.google.co.jp/nexus/5/

ですよ。
この差額31,720円はどこに行っちゃうのでしょうか?
法外に高い。人のカネをなんだと思っているのか!!


3、みんな持っているから

猫も杓子もって感じですよね。
iPhoneなんて特に、みんな持ってます。
電車のなかでiPhoneを使ってない人を探すのが大変なくらい。
ノートブックだってタブレットだってオケラだってミツバチだって。
みんなリンゴマーク。
かつてアップルを使っているのは本当に一部のコアなファンだけでした。
いまでは考えられないですが、
OSXが出たての頃なんて不安定すぎて使い物にならなかったくらいの際物でしたよね。

それでもアップルが好きだからという理由だけで使いにくいものを必死で使っているイメージでした。
アップルユーザの間だけで交わされる特別な会話。
ダメなOSXを抱えながらみんなで助け合っている修行僧のような人々
その愛。かっこいいっす。と、わたしは思っていました。

ところがいまや、なんかかっこいいからiPhone。
みんなが持っているからiPhone。
こんなの「あの」アップルじゃない!
と、わたしは勝手に思っております。



長くなってしまいました。
ここまで読んでくださった少数のかたに心から感謝いたします。






コメントを投稿